モノリス秀建のスタッフブログ

パンダの足元。

 ↑:東京都美術館横の藝大の鬼瓦!

昨日は本物を見てみようと東京都美術館で

開催されていたゴッホ展を見に行きました。

 ↓:美術館横から見た上野動物園のイベント用パンダテント!!

意外と早めに行ったのですが既に多くの人が並んでいた。

会場内の作品の前は人だかりでまるで天空の彼方から見たら

四角い部屋のあちこちに置いてある角砂糖に群がる蟻のようだろうと思う。

はっきり言って絵のすばらしさもわからないし絵の具の凹凸も〇眼の私には照明が暗すぎ。

ぼんやり暗く仕切られた会場は様々な国籍の人で溢れていた。

 足早にゴッホを見た後に「現代の写実REALISM」も同じチケットで

見れるらしくそのまま自動ドアの扉をくぐった。

 ↑:美術館を出てぶらり大陶器市!

入ってすぐにおかあさんが子供を抱きしめている絵が、やさしい線で描かれていて

その絵は先程のゴッホ展では味わう事の出来なかった感じだ。

 小野田 尚之さんや橋本 大輔さんの絵はとても素晴らしかった

何点かあった中で廃屋の中に光がさす絵や、田園中央を走る電車(汽車)というのか

全体的にシャープで心地よい絵ばかりだった。絵を良く見ようと眼鏡をかけると

果物や食器などまさにリアルに描かれた絵の光の先端は

ぼかしているのではなくまるで間違ったかのような実線が書かれており

最初は「何この線?と思ったくらいだ」それが手法なのだろう。。

※会場を出て出口に向かうと私の前を大柄な老人男性が歩いていた?

 「ピーン」と来た、あれは荒川区長の西川 太一郎だと思った。

ここに来て寂しいのが、ドクターXが先週、昨日女城主 直虎が最終回を迎え

来週ついに陸王が終わってしまう、来年また食いつくドラマなど見たいものだ。

 今つくづく思うがゴッホとピカソと勘違いしていたようだ・・佐久間です。

 ↓:先週自宅マンションのエントランス前植栽のタイルに座っていたキジトラ&チャトラのハーフかな?


急がない家づくり」それがモノリスの考え方です

一生付き合える工務店 

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区・板橋区

でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日