モノリス秀建のスタッフブログ

オリンピックドラマ

 今度の平昌オリンピック、最初は北朝鮮による微笑外交とか言い

美女応援団がスタンドで気持ち悪い昭和の漫画の少年のようなお面をかぶり

街なかでいきなり楽器を弾き大騒ぎして・・まさか事前に許可はとっていないと

思うが日本じゃ警察が出動してやれないと思う今思うとあれが反対に

終盤の出来事だったらそちらが強く残り印象づけたろう。

 

 日本選手では男子フィギアの羽生選手の怪我から出場までのストイックさや

宇野選手の子供のような天然さの中にオリンピックは特別でないなどサラッと言ったり。

 高梨選手は今後の為に必要な銅メダルだったと思う、彼女はまるで親戚の

娘のようで「勝たせてあげたい」と思いほっとした感じであった。

 スキーノルディックの渡部選手の強靭さは素晴らしい。

スノーボードの平野選手とショーンホワイトの戦いはまるでキャプテン翼のようだ。

スピードスケートの高木選手はしゃべり方が特徴的だ、インタビューなどでも

男性のようにまっすぐ伝える感じだ。

 あと昨日の小平選手は見ごたえがあったなんといってもタイムが百分のいくらと言う世界なので感動した

レース前のTBSのアナウンサーの「何か少し獲物を狙うような目」その後の

インタビューで「まさに獣のよう」と言う言葉が物議をかもしているとネットで

話題のようだがインタビュー時の彼女は「獣→躍動感」と答えその言葉には

まんざらでもないように私には見えたが。

 久しぶりに良い冬のオリンピック見たなと思う佐久間です。

 

一生付き合える工務店 

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区・板橋区

でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!

家のことならなんでもご相談下さい!

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日