モノリス秀建のスタッフブログ

シェアハウス会社の倒産

シェアハウスを販売、管理していたスマートデイズが破産するそうです。

やはり、という感じですね。

残念ながら会社を清算したところでオーナーの方々にはお金はいくらも戻らないと思います。

ただ、これでオーナーさんは今後、シェアハウスの管理、運営を他社に任せるなり、

自己管理をするなりで、事業として継続できるのか、要は借入金の返済が可能なのか、

難しいのかの判断はしやすくなったのではないかと思います。

そして、多くのシェアハウスがこれからしばらくは売り物件として市場に出てくることに

なるのではないでしょうか。

今回の事件は遅かれ早かれこのようなことになるということを見越して引き起こされているとは

思いますが、その立証はおそらく不可能だと思いますので、歴代の経営者を訴えるという

ことも難しいと思いますし、非常に忸怩たる思いがします。

 

この事件の原因は入居率が上がらなかったことということになっているようです。

かぼちゃの馬車の家賃設定が相場以上であったこともその要因だとは思います。

しかし、昨今相続税対策と銘打って、大量の賃貸住宅が供給されており、

ここ数年間の賃貸住宅の入居率はどんどん下がってきているということも事実です。

入居率の芳しくない賃貸住宅がだんだんと増えていくことでしょう。

それらはリノベーションして、イメージを一新するとか、民泊へ転用するとか、

なにがしかの手を講じなければずっと空き家のままということになってしまうのでないかと思います。

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日