スタッフ

台風24号と感謝祭と便利な景品

 今回の台風24号は前評判通りの凄さで今年の災害フルコースのメインディッシュのようだ。

夜、外の風と木々のぶつかり合う音は半端なくいつガラスが割れるんじゃないかと恐怖に感じた夜だった。

 JRの初計画運休は後の対応が万全ではなかったが潔い判断だったと思う

「首都圏全域」は安倍さんでもできないだろう!

 明けて何日か後にお客様から呼ばれて被害を見た後に階段から見おろしたら隣の屋根が剥がれちゃっていた

     

 

 

 

 

 

 

 

もう一軒はエアコンの室外機が外れぶら下がったままなので「すぐ来てくれ」

       

 

 

 

 

 

 

と言われ・・・無事安全に降ろせたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10/8(月)体育の日に第10回モノリス感謝祭を開催予定です

何とか台風25号は避けられそうです、今回来ていただいた皆様には

災害の際に使えるLEDライトとホイッスルが一緒になった防災用品を

用意しているみたいです。私が仕事をさせていただいているお客様の会社で

作っているものですステンレス製で重厚感があり良いものだと思います

防災グッツとしては優れており停電時に手元を照らし、もし瓦礫に挟まり

声も出せない状況でもこれがあれば人または救助犬に居所を知らせることのできる

物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

備えあれば憂いなし「ぜひぜひ」思う佐久間です。

 

 

一生付き合える工務店を目指して
荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区・板橋区
リフォーム、注文住宅はモノリス秀建へ!
建物のことならなんでもご相談下さい!!

 

 

作業場から洋室へ

荒川区のOB様から作業場から洋室への改修工事依頼です。

2階に就寝していたお父様の部屋を段差のない1階に新設しました。

既存作業場

新設洋室

新設洋室クローゼット

設計部 高橋紀晃

「急がない家づくり」それがモノリスの考え方です
~ 一生付き合える工務店 ~

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区
でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!
家のことならなんでもご相談下さい!

TEL 03-3810-0021
otoiawase@monolithsyuken.co.jp

かんたんドアリモ

折れ戸正面

既存の一枚ドアを撤去し折れ戸に交換

折れ戸開放

既存のドア枠を残して設置可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽いアルミ折れ戸

扉の内外で鍵の解除ができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北区栄町のリフォームOB様より、トイレドアリフォーム他、リピート工事のご依頼をいただきました。

同居するご高齢のお父様が少しでも楽に利用できるよう、既存の開きドアから二枚折れ戸?に交換してほしいとのこと。

体の不自由な方が片開きドアを手前に開けてトイレに進入する時、一度後退する動きや後ろ手でドアを閉める等

余計な動きが、かなり負担になるそうです。

「ほらあれ、簡単に交換できるやつ!」と言われカタログを探してみる。

二枚折れ戸?とカタログを探しても、収納用や間仕切り用折れ戸、省スペース用の折れるドアはあるのですが、

リフォーム用で簡単に交換できる、トイレドアなんぞ見つかりません。

またしても先を越されてしまったか!とお客様に聞きますと、Y社の「ドアリモ」という商品で、残念ながらLIXIL社では類似品がありませんでした。

こちらのお客様は過去、玄関ドアを三枚引きのドアに交換と、アルミサッシの窓をマドリモ(窓リフォーム)したのですが、

いずれもY社の商品をテレビCMで見て、交換のご依頼をいただいております。

弊社はLIXILリフォームチェーンではございますが、お客様よりご指定いただいた商品を設置工事する工務店です。

上記の商品は全て、これから需要が増えるであろうことは明白で、残念ながら現在のところ常にY社が二、三歩も先を走っている印象を受けます。

これらの商品はまだ採用経験が少ない商品ですので、現場実測、仕様確認等に細心の注意を払いますが、よく考えられた精度の高い工業製品なので、

予定通りに工事が完了すると、トータルでお客様の満足度が高い工事となります。まだ色のバリエーションやカタログでうたわれていることと異なる状況も

ありますので、あくまでも「十分な事前準備」が必要となりますが、間違いなく需要が増える工事になると思います。

設計部 高橋あきら

 

 

前に、出した外壁が剥がれかけている家を補修してきました。

①ルーバー窓の下が特に浮いているのが見えます。

②モルタルが浮いている部分を剥がしました。

③木下地を補修して、透湿防水シートを貼り、

  モルタル下地材「ラスカット」を貼りました。

④モルタルを塗りました。

⑤罅が入っているところをカチオン処理しました。

⑥塗装のシーラーを塗りました。

⑦仕上げ塗装をしました。

この様な手順で工事して、1階外部が綺麗になりました。

 

もしかすると一週間以上停電するらしいですよ。

 先日の台風21号の爪痕も癒えぬ間に、今日何となく朝早めの4時30分過ぎに目を覚まし

テレビをつけるといつか見た記憶が蘇った。阪神淡路大震災である、朝方テレビをつけると未曾有の映像。

街のあちこちから火の手が上がり、こちらでは揺れを全く感じなかった分映画のような感じがした。

 今日の北海道の地震、被災にあった人には申し訳ないが土砂崩れでなぎ倒された建物は西日本の

災害とは違い言葉は悪いが先が見えそうな救助だ、あの土砂や川の濁流など手の施しようがなく

泥をかき分け泥の中から救い出す作業は自衛隊や消防など映像から見ても心折れそうであった。

 なんだかわからないが今年の人間に対する自然の振る舞いはまさしく「一寸先は闇」と言ったところである。

スポーツ界はどこまで行くのパワハラ問題、政治はなんかお疲れの安倍首相・・彼はピンチに災害など起きて

不人気を払拭し返り咲く。それ以上に心配だったのが菅官坊長官?なんか呂律が回っていなかったような気がした。

 もう9月、まだ9月かもしれないがあと4か月の間で何が起こるか今日の朝少し不安に思った久しぶりの

佐久間です。

一生付き合える工務店 

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区・板橋区

でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!

家のことならなんでもご相談下さい!

 

玄関引き違い戸交換工事

ご近所のOBのお客様より玄関の調子が悪いので見て欲しいとのご依頼をいただきました。サッシ屋さんを連れ、早速現調させていただいたところ敷居のレールが浮き上がっており、開閉しづらい状態になっていました。修繕では難しいようでしたので今回は玄関引き違い戸の交換で提案させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関を交換するとなると壁を壊すなど大掛かりなイメージがありますが、最近では既存の枠をそのまま残し、その上からかぶせるカバー工法が主流となっているため工事自体は1日で完了します!例えばLIXILですと「リシェント」という商品名で取り扱っています。https://www.lixil.co.jp/lineup/entrance/rechent_door/

最近玄関の開閉がしづらい、外観のイメージを変えたい等お考えの方はぜひご検討下さい。

店長 窪木

 

荒川区キッチン交換工事

今回は既存の食洗機が故障してしまった為、この機会にキッチン交換をしたいとの御依頼がありました。施工前の様子がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても綺麗に使っていたので、撤去するのがもったいないくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下がり壁を撤去し、対面式カウンター型のキッチンへ入れ替えをしました。かなり開放的な感じに仕上がりました。ここにお客様のように御家族の環境に合わせてリフォームされる方が多いので、皆様も今一度、身の回りの不便に思っている事を確認してみてはいかがでしょうか。思いのほか、快適な生活になると思います。

工事部 永野

文京区 N邸屋上防水の改修工事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄骨造2階建の屋上ウレタン防水の取合いより漏水が有り、今回新規にウレタン防水を施工しました。

写真はウレタン防水施工後の水張試験の写真になります。

横田

 

耐震診断って何??

先日、築40年の耐震診断の現場調査に行ってきました。

耐震診断って何をするのか。柱径、梁成、筋交いの有無、壁の材質、基礎状況、

劣化状況等を確認します。

梁や筋交いを見るためには天井や床を壊さないと見られないため目立たない所から調査します。

多いのは押入、物入の天井から小屋裏や梁をチェック。床下は畳を上げ、下地を切って確認します。

調査後、切った下地を元にもどします。

調査後、既存図を作成し「一般診断法」により大地震動での倒壊の可能性について実施し報告書にします。

お住いの耐震に不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

設計部  高橋 紀晃

狂った太陽

まさしく2018年は災害に「熱気」と加えた方が正しいと思います。

台風・地震・洪水と言ったように空気が暑いことを示した分類として。

 未だに私の実家の福島にはエアコンがありません、ないと思います

ここ10年くらいはエアコンなしでは田舎もかなりつらいのではないだろうか。

私が子供の頃の夏は、せいぜい暑くても34℃くらいだったと思う

だから日中すごく暑くても夜になると周りが畑や田んぼだったので窓を開けて寝ると

朝方は寒いくらいだったと記憶している。

 それが2018今年は地球がぶっ壊れ元年かもしれない!毎年暑くなるかも

しれないし昨年だったっけ冬に大雪など、四季のバランスが無くなり

春や秋が無くなり夏と冬の二季になるだろう。温暖化により海水温が高くなり

海の生態系もおかしくなり、今までは○○ちゃんとかゴマフアザラシなどが

川をのぼり話題になっていたがそのうちクジラやサメや下手したらワニが話題になるのも

そう遠い先ではないような気がする。

 狂った太陽は石原裕次郎さんの狂った果実と黒部の太陽が浮かんだ時の決めた

タイトルである。

 

 そんな中に若干けだるい猫連中を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも本当に8/10くらいまでにこんな状態が続けば今回の酷暑で50人以上の犠牲者が

出るのではないかと思う佐久間です。

 

一生付き合える工務店 

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区・板橋区

でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!

家のことならなんでもご相談下さい!

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日