全面リフォームの事例

荒川区西尾久 N様邸 全面リフォーム

マンションの3LDKを4LDKに変更し、収納も増やすリフォーム!?

築13年の比較的新しい高層マンションの一住戸。

75平米のごく一般的な3LDKの間取りに家族4人で暮らしていたN様ですが、二人の子供が成長し少々手狭になったことを機に、間仕切り変更と収納量を増やすための改修を行いました。

物件データ

構造鉄筋コンクリート造マンション階数地上8階
築年数15年リフォーム完成年平成25年4月

3LDK→4LDKに!すき間を徹底的に使い切る収納で目指す、スッキリ生活。

お問い合わせからプラン提示まで

1.  リフォームするにはまだまだ早い、築13年。

N様がモノリス秀建を訪れたのは、二人の学生のご子息が遠方で暮らしているタイミングでのこと。3LDKのこれまで部屋の割り振りは、奥様・旦那様が1部屋ずつ使用し、リビングに面する6畳間子供室としていたようですが、すでに1部屋を2人で使う年齢ではありません。
そこでN様夫妻はお子様が戻るまでに3LDKを4LDKに造り変えてほしいといった依頼を、モノリス秀建へとされました。さらには、これまでの生活で増えた物をスッキリと収納できる場所を確保したいという奥様のご希望と、書斎兼ベッドルームを自分仕様に整えてほしいといった旦那様のご希望も明確にありました。
ただ、まだ仕上げも綺麗なマンションのため、正直リフォームを行うには早すぎる感が否めません。
そこで社長は、「可動式の収納で子供部屋を仕切っては?」といった提案をしたのですが、
N様のリフォームへの気持ちは既に固まっていたようです。

2. プランが制限される部分リフォーム。

プランが制限される全面リフォーム

キッチン・浴室などの水周りはまだ十分使える状態なので、設備のゾーンは残しつつ部屋数と収納を増やすという今回のリフォームは、なかなか難しいオーダーだったとのこと。

室内を全て壊して一から全面リフォームを行うのであれば、水周りの位置も変えることができるため、施主様の希望をたくさん詰め込むことは容易です。けれども今回は既存を残しつつ間取りを整理して行くのでさぁ大変。新築と異なり、既存の制約を受けるリフォームですが、既存部と改修部の境界の判断を多く要求されるのが今回の事例なのです。

リフォームと聞くと、私たちは古いものを新しく甦らせることを想像しがちですが、今回の目的は
機能性の向上。

まだ内装もきれいなお宅だったため、施工前・施工後 の写真を見ても、古家を大規模リフォームしたときのような変わり映えはあまりありませんが、しっかりと機能向上のための部分リフォームが施されています。

3. 全ての部屋に、風と光を。

全ての部屋に、風と光を

まずは間取りを増やすため、どの部屋をどのように分割するか色々と試行錯誤したそうですが、部屋数を増やすと通風や採光が不十分な部屋が出来てしまいます。ここで出てきたものがやはりプロならではといったアイデア。

今回のケースであれば、ふたつに仕切ったリビング側の部屋は四方向全て壁で覆われてしまうため、人が過ごす部屋というよりも物置のような空間となってしまいます。そこで小窓を間仕切り壁と廊下側の壁に取り付けることで、隣の部屋の窓から風と光を通すように
したのです。

4. 高さを最大限に活かした収納案。

間取りが決まり後は収納面の問題ですが、これを解決するには“縦空間を利用する”しか方法はありません。お子様が使用していたリビング横の部屋に小上がりの畳スペースを作り、その下を大容量の収納スペースにすることを提案。奥様は和服をお持ちだったため、クローゼットではなく平置きできる床下収納の方が何かと便利でもあったのです。

ちなみにこの案に賛成した旦那様は「床が収納になるのであれば壁も収納になるのでは?」とひらめき、壁に収納できるベッドを取り付けて欲しいとおっしゃったそうですが、残念ながらそれだけの壁の厚みは確保できなかったようです。このような限られた空間のリフォームの場合、活かせるのは縦空間のみと思いきや、とある収納のアイデアが奥様から提案されたのです。

高さを最大限に活かした収納案
高さを最大限に活かした収納案
高さを最大限に活かした収納案

5. 奥行きを最大限に活かした収納案。

どうやらそのアイデアは、インテリア雑誌に掲載されていたとのこと。季節ものなど普段あまり登場しないものを奥の棚に、頻繁に出し入れするものを手前の棚に収納することのできる奥行きの深い収納スペースを納戸の天井いっぱいに設けることで、空間を徹底的に使い切ることが可能になるといった案でした。

さらには、洋服を丈ごとに分けてかけて収納すると縦空間を目いっぱい使うことができるため、一般宅では
あまり採用することのないアパレルメーカー専用の上下に可動するポールも採用することにしたそうです。

ちなみにクローゼットの収納棚は大工さんが現場で造作してくれるのですが、小上がりの畳スペースには
跳ね上げ式の特殊金具等が必要になるため、腕の良い大工さんでも造るのは難しいとのこと。
そのため今回は、家具屋さんがサイズを事前に計測して製作し、取り付けるといった方法を選んだそうです。

施工からお引渡しまで

1. 大規模マンションならではの施工方法。

大規模マンションならではの施工方法

ほぼ現場での変更はなかったものの、解体を始めるとひとつだけ問題が出てきたとのこと。
それは、同じ形の部屋を一気に造り上げる大規模マンションだからこそ行われている、スピード感と費用面を重視して採用されている施工方法でした。

一般的な施工の手順としては、まず床を貼り、そこに汚れないよう養生を行ったうえで他の部分の工事を行うのですが、N様邸の造作材や壁を取ると、床に穴が開いているといったことが判明。

つまり一般的な施工の手順とは間逆で、最後に床をかぶせることで、フローリング材で穴を隠すといった方法が取られていたのです。
穴埋めを行うには同じフローリングの材料が必要ですが、当時と同じものは存在しません。「極力似た材料を探したり、塗装で色合わせをしたり、穴を隠すために継ぎ目が分からないようにする点が意外に難しい」と話す渡辺社長。やはりどれだけ綿密に計算を行っても、リフォームは一筋縄ではいかないということでしょう。

2. 男のロマン?コックピットのようなマイルーム。

コックピットのようなマイルーム

旦那様はご自宅でもお仕事をするとのことで、デスクが正面にあり、その左右を書棚と収納で挟まれているというコックピットスタイルをご希望されていました。

そのためこちらも小上がり同様、部屋にぴったりの合う物を家具屋さんに造ってもらったとのことです。
施工自体は既に出来上がった家具を搬入して取り付けるだけのため、さほど難しいことはなかったようですが、5畳弱の部屋にベッドと今回の造りつけの家具がきっちり収まるようにする必要があるため、図面に起こす際は1cm単位で微調整を行ったとのこと。

この細かな努力はなかなか伝わりにくいところではありますが、
手持ちのベッドもまるで造り付けの家具かのように錯覚してしまうのは、こうしたきめ細かな対応があってこそではないでしょうか。

施工からお引渡しまで
施工からお引渡しまで
施工からお引渡しまで

家を建てるよりも制限が多くなるリフォームですが、集合住宅の場合はさらに制限が多くなるため、知恵を絞って希望を具現化することが必要になるといった例といえます。
離れて暮らすお子さんですが、ある日家に帰ると自分だけの部屋が現れたことに驚きつつも喜んだのではないでしょうか。

建て替えとリフォームで迷っているのであれば、まずはモノリス秀建までお問い合わせを。
お客様に合った最善の提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日