全面リフォームの事例

荒川区町屋 H様邸 全面リフォーム

新築?リフォーム? 都市に現れた、光溢れる山小屋風の平屋。

素人目にもかなり老朽化が進んでいると感じる、タイル張りの鉄骨造ビル。

延床面積90坪と非常に広く、自宅兼事務所として使用していましたが、商売の廃業と同時にコンパクトな平屋を求めたH様は、建て替えを希望されたのです。そこでモノリス秀建が出した提案。

それは、建て替えではなく“全面リフォーム”だったのです。

物件データ

構造鉄骨造ビル階数地上3階建て
築年数40年以上リフォーム完成年平成20年5月

光溢れる山小屋風の平屋

お問い合わせからプラン提示まで

1.  ある日突然、ふらっと現れたお客様。

H様邸の完成から遡ること6年前。とあるお宅の新築施工を請け負っていたモノリス秀建ですが、このお客様が近所でもちょっと名の知れた個性的なお客様だったとのこと。
近所に住むH様もこのお宅のことは気になっていたようで、施工風景も見ていたそうですが、あのお宅の施工をそつなくこなしているなら大丈夫だと、「うちも工事を考えているから、見積もりが欲しい」と現場で言われたそうです。

しかしそれから一切の音沙汰なし。
約5年後のある日アポイントもなく「ねぇ、ちょっと家を建て替たいんだけど」と、
まるで近所に買い物にでも来たような軽い感じで来社されたH様。

5年の間にどのような心変わりがあったのかは分かりませんが、商売を廃業したことや、エレベーターのない
3階での生活が年齢とともに辛くなってきたことがきっかけだったのかもしれません。

2. 提案したのは、鉄骨だけを残した“超”スケルトンリフォーム。

提案したのは、鉄骨だけを残した“超”スケルトンリフォーム

1階部分は倉庫、2階部分は事務所、そして3階部分が住居として使用されていたビルで、延べ床面積はなんと90坪。

廃業した今となっては、H様ご夫婦と娘さん3人で暮らすには手に余りすぎる物件です。そこでH様は平屋への建て替えをご希望されたのですが、モノリス秀建の会長が出した提案はなんと、骨組みにも手を入れる “超”スケルトンリフォーム。一般的なスケルトンリフォームでは全ての躯体を残しますが、今回の全面リフォームで残そうとしているものは1階部分の躯体のみ。

そこに新たに木造の屋根を取り付け、平屋にしてしまおうといった計画なのです。

「そんなことできるの?」と驚かれる方もいるでしょうが、実際H様自身も驚いていたとのこと。
木造平屋に建て替えるとなると、鉄骨の基礎を掘り返してもう 一度木造の基礎を打つこととなりますが、
あまり地盤の強くないH様邸の敷地を掘り返してしまうと、さらに地盤は弱くなります。
また、大きなビルなので基礎 はしっかりしていることが予想されたため、建物の構造や解体費用などを
トータルで考えた結果、鉄骨を残した平屋建てを提案したのです。

3. お客様のご希望は、平屋・山小屋・採光のみ。

お客様のご希望は、平屋・山小屋・採光

「こんなアイデアを出してくれるところはない!」と思ったのか、
その場で全面リフォームを決断したH様。
ファーストコンタクトから5年もの時を経て、ここで一気に
動き出すこととなったのです。

「すごく楽しい仕事でした」と設計担当の高橋さんはお話してくれたのですが、それもそのはず。
H様のご希望は当初の建て替えでもご希望されていた平屋に加え、山小屋風のデザインと日当たりの良さの3点のみ。
これ以外は自由とあって、設計者としてはやりがいも遊び心もふんだんに活かせるお仕事だったようです。

若い頃スキー場で過ごした経験をお持ちのH様は、山小屋風といった漠然としたイメージを高橋さんに伝えたようですが、同じ経験を持つ高橋さんは「木質感のある雰囲気だろうな…」と、ピンときた模様。

平屋・山小屋風といった2つの要望を初日の時点でクリアするなど、快調な滑り出しではありましたが、
家づくりがスムーズにいくことは非常にまれ。採光の部分が最初の問題として現れたのです。

4. 「お客様のアイデア」×「プロの設計」。

これまでは3階が住居だったため、裏手にマンションがあるものの日当たりは抜群でした。

しかしこれが平屋となるとそうはいきません。通常日当たりを解消する手段としては、天窓から光を入れるといった方法が取られますが、屋根面と水平に設置された天窓は、浸水防止工事やメインテナンスの点で一般的な窓よりも不利なため、モノリス秀建では最終手段と考えています。

「どうやって天井から光を導こう?」と考えていた矢先、まだ平面の間取り図しか完成していない段階で
H様から届いた1枚のFAX。
そこには、屋根に勾配のズレを付けて空と垂直に横長の窓を取り付けるといった、現在の完成形とほぼ同様のデザインが描かれていたのです。

「このスケッチを形にすると、なかなか面白い建築になるかもしれない!」

このように思った高橋さんはすぐさま作図に取りかかったのですが、なかなか思い通りにいかない点が、
家づくりの難しくもあり楽しいところ。解体を始めると、とんでもない事実が発覚したのです。

平屋・山小屋・採光のみ
「お客様のアイデア」×「プロの設計」
「お客様のアイデア」×「プロの設計」

施工からお引渡しまで

1. 地面に乗っているだけ?恐ろしく耐震性の低い建物。

地面に乗っているだけ?恐ろしく耐震性の低い建物
 

写真を見ていただくと分かりますが、古いながらもどっしりと
した鉄骨造のビル。
しかし解体を始めてみると聞こえてきたのは、「建物が揺れる!揺れがどうも気になる」といった職人さんの声。

経験豊富な職人さんがこれほど揺れるというのでどうなっているのか確認したところ、なんと柱と基礎が繋がっておらず基礎に建物が乗っかっているだけといった、非常に危うい建物だったのです。

柱に支えを入れるなどして耐震性を高めつつ施工を進めていたのですが、一難去ってまた一難。
骨組みだけを残す全面リフォームを見て近所の方から、「リフォームではなく無届けの建て替えでは?」
といった疑問が出たのです。

2階・3階部分を壊し、1階部分と基礎を残してリフォームを行う今回の事例は減築に当たるため、
建て替え(建築)には当たりません。
しかし滅多にない事例だったため、役所の方が訪れて一旦工事がストップするなど、ちょっと面倒なことになったとのこと。つくづく家づくりは大変だなと感じさせるエピソードです。

2. もはや職人さん?手を動かすことが大好きなお客様。

手を動かすことが大好きなお客様

全面リフォームであることを承認してもらいつつ、
何とか施工は続行。モノリス秀建の担当者も毎日現場を訪れていたそうですが、なぜか行くと必ずH様がいるとのこと。
そして職人さんに混ざって、何かしら作業をしているというから
驚きです。

そんなH様から現場で出た提案が、吹き抜け周り
(旧2階の構造床)を小屋裏収納にしたいといったもの。

もともと小屋裏はコンクリートむき出しの状態だった のですが、収納にするのであれば板張りにしたい
とのことで、その部分の床をH様夫妻で施工するというのです。

毎日現場に来るだけでなく、最終的にはセルフビルドを行うといった非常に珍しいお客様ではありますが、
設計などお任せするところはプロに任せ、できるところは自分たちも参加することで、家づくりを最大限
楽しんでいたのではないでしょうか。

そして約3ヶ月半かけ、まるで新築の“都市の山小屋”が完成したのです…が、
完成後またまたちょっとした騒動が2つ起きたのです。 

3. 誰もがこれほど変わると思っていなかった。

大きな建物のため、結婚して別居している息子さん夫婦と同居することは十分可能でした。そのため最初に「家族会議を開いてくださいね」とH様に伝えたところ、同居は絶対に無いということなので、ご夫婦と娘さんが暮らすコンパクトな間取りとなったのです。

しかし完成後、あまりに違う風貌に息子さん夫婦はびっくり。
リフォームをするから一緒に暮らさないかと言われたものの、築40年以上の老朽化したビル。
リフォームをしても高が知れているだろうと思い同居を断ったのだと予想されますが、目の前に現れたのは新築同様のおしゃれな一軒家。後に同居を迫らせたというエピソードは、モノリス秀建では既に語り草となっているようです。さすがに間取りを増やすこともできずH様は断ったそうですが、リフォームひとつでこれほどまでに様変わりすることもあるといった良い例ではないでしょうか。

さらには視察に訪れた税務署の方が「これは新築だね」と言い、固定資産税がアップしたというオマケ付き。築年数40年以上、けれども固定資産税は新築の評価額という非常に珍しい物件となったH様邸ですが、
「いや~、固定資産税上がっちゃったよ」と、H様は少し苦笑いだったそうです。

手を動かすことが大好きなお客様
これほど変わると思っていなかった
これほど変わると思っていなかった

町屋周辺は狭い道に古い住宅が密集しているため、少し窮屈なイメージがあります。
しかしH様邸は、吹き抜けから降り注ぐやわらかな光が各個室に届く設計となっているので、
窮屈とは無縁のゆとりある空間となりました。

建て替えとリフォームで迷っているのであれば、まずはモノリス秀建までお問い合わせを。
お客様に合った最善の提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日