全面リフォームの事例

荒川区西尾久 H様邸 全面リフォーム

リビングがない? お風呂に入れない?を解消。家族でくつろげる和テイストの家。

自宅兼仕事場となっていたH様邸は新築時から何故か段差が多く、しかも生活動線が無いも同然。

さらには家族だんらんの場所が一切なく、あるのは個室と台所のみ。
そんな少し変わった間取りを、全面リフォームでカウンターキッチンのある今どきのLDKスタイルへと生まれ変わらせました。

物件データ

構造木造戸建て階数地上2階建て
築年数30年以上リフォーム完成年平成25年8月

家族でくつろげる和テイストの家

お問い合わせからプラン提示まで

1.  友人が多い。けれども、友人をもてなせない。

モノリス秀建会長のご友人から紹介されたH様夫妻は、とても仲が良く社交的。

年齢もあり営んでいた鞄工場を廃業したそうで、1階の元工場の広いスペースは、時にはダンスフロア、時にはゴルフの素振り練習場となっていました。しかしこのスペースはあくまでも元工場のため、人を招いてくつろげるような場所ではありません。さらには雨漏りがするなど老朽化も進んでいたため、ご夫婦はマンションへの引っ越しも検討していたそうです。

けれどもご夫婦ともに地元に知人・友人が多く、どうも集合住宅というスタイルも自分たちには合わない。
長年住んできた地元と住まいに愛着たっぷりのお二人はこのように判断し、来客をもてなせる住まいにしたいとリフォームをご希望されたのです。

2. 広さを活かしきれていない住居。

広さを活かしきれていない住居

工場兼住居といえど、1階部分が107平米、2階部分が84平米とかなり広いH様邸。

これだけ広いにもかかわらず、1階にある住居スペースは8畳の台所と在来浴室のみ。家族で過ごすには非常に狭すぎる空間です。さらに浴室へ行くには台所を通らねばならず、生活動線が仕事場の犠牲になっていた状態。

キッチン

台所に来客がいればお風呂に入ることすらままなりません。

そのため娘さんが唯一希望されたのは、いつでも入れるお風呂。そしてH様夫妻は1階の みで生活が完結する間取りをご希望されたため、1階に全ての居住空間をまとめたLDKの間取りに変更することで話はまとまったのです…が、意外にも道のりは簡単ではありませんでした。

3. 広すぎる家ならではのデメリット。

広すぎる家ならではのデメリット

フルリフォームをご希望されていたため、モノリス秀建が最初提案したのは、いわゆるスケルトンリフォーム。

家という箱を残して中身を全て壊し、間取りごと変更してしまう方法です。もともと資材搬入などの面から、一番日当たりの良い南側にガレージがあったため、その部分を家族でくつろぐことのできるLDKに変更することをご提案。
一番しっくりくる案ではあったのですが、とあるデメリットがここで出てきてしまったのです。

広すぎる家ならではのデメリット

そのデメリットこそが、100平米以上という敷地の広さ。ほんの少し形を変えるだけでも、一般的なリフォームの何倍にも予算が膨れ上がってしまうのですが、今回の提案はスケルトン。H様の予想よりもはるかに高い金額となってしまったのです。
娘さんが後々この家を引き継ぐかどうかも分からず、Hさん夫妻も高齢のため、そこまで予算をかけてリフォームをしたいとは思っていなかったとのこと。そこで“今あるものを活かしたリフォーム”をコンセプトに、新たに間取りを起こすこととなったのです。

4. 予算と設計の落としどころを、半年かけて探る日々。

「じっくり検討した。」と話すモノリス秀建の渡辺社長ですが、ファーストコンタクトから施工までにかかった期間は約半年。

狭い建物のリフォームは、いかに広く見せるかといったアイデアが必要になりますが、あまりにも広い建物のリフォームの場合、予算面との折り合いといった別の苦労があるようです。
設計者の高橋さんは、予算や間取りなど設計面の落としどころを探るために何案か図面を描いたそうですが、そんななか「こんな案はどうかな?」と、南側にガレージを残したままのプランを提案してきたH様。

何十年も住んでいる家のため、玄関からキッチンまでの距離や、室内の南側や北側の明るさといったその住まいの性格は、設計者よりもお客様のほうが圧倒的に把握しています。そのことを知っている高橋さんは予算におさまりそうなH様の案を採用し、そこに高橋さんならではのスパイスを加えることで、ようやく平面図が完成したのです。

予算と設計の落としどころを、半年かけて探る日々
予算と設計の落としどころを、半年かけて探る日々
予算と設計の落としどころを、半年かけて探る日々

施工からお引渡しまで

1. まずは、安心して住める家へ。

まずは、安心して住める家へ

柱や動線を残し、建具や建材を新しくしていくといったスタイルを採用したのですが、やはり気になるのは耐震面。

古い建物の場合、現在の耐震基準に合致していないだけでなく、ひとたび大きな地震がくれば丸ごと潰れてもおかしくないような建て方をしているものも少なくありませんが、H様邸もご多分に漏れず。支えるべき場所に柱が無いなど、安心して住むには不安材料が沢山残る家だったため、耐震補強を計算し、筋交を入れるなどして安全面も確保しました。

また、新築当時から段差の多い家だったH様邸ですが、当時の大工の力量によるものか、
家の中は段差だらけ。

年齢とともにバリアフリー住宅へのリフォームを検討する方も少なくありませんが、バリアフリー以前に、
安心して普通に暮らせる家へとリフォームすることがH様邸の課題。
不要な階段を調整し、格段に掃除のしやすいフラットな床へと生まれ変わらせたのです。

2. さて、リビングの明かりをどこから取ろう?

リビングの明かりをどこから取ろう?

当初、一番明るい南側のガレージをLDKにする予定でしたが、既存の間取りをほぼ活かすことで落ち着いたため、工場だった部分がLDKとなることに。

一番光の当たるガレージは据え置きとなったので、リビングにまでどのように光を採り込むかが大きな課題だったと高橋さんは話します。そこで採用したものが、日本古来の建具である障子。障子はガラス窓のように外から見られることもなく、ドアのように光を遮ることはありません。

もともと和風のデザインをご希望されていたということもあり、それでは障子で明かりを採り入れようといった結論になったそうですが、結果は大正解。もとも と工場のときは昼間でも蛍光灯が必要なほど薄暗い空間でしたが、白い壁の色と南側のガレージから反射する障子越しの光が、家らしいくつろぎの空間を生み出 しました。

3. “家らしさ”を現場でプラス。

施工途中で高橋さんが気づいたことがひとつ。それは、玄関から続く廊下が少し“家らしくない”と感じたことでした。あるものを活かしたリフォームではありますが、ほぼ全てのパーツを新しいものへと取り替えているため、パッと見はきれいな新しい住宅です。けれども高橋さんはそこに、鞄工場の名残を感じてしまったとのこと。そこで急遽現場で、フラットな廊下の天井の中心に山を造ることで、家らしい柔らかさを表現することを提案したのです。

現場での変更も臨機応変にしてくれるのは良い担当者の証拠。リフォームと聞くと新しいものへと取り替えて終了といったイメージがありますが、全体のバランスを見て施工してくれる担当者と巡り合うことで、より理想の住まいが完成するのではないでしょうか。

何度も図面を起こすなど、施工までの道のりは長かったものの、そこからは非常にスムーズに進んだというH様邸。大変満足されて、その後も外装メンテナンス等リピートされたとのこと。一部を新しくすると他の部分が目立つという、リフォームならではのエピソードではないでしょうか。

“家らしさ”を現場でプラス
“家らしさ”を現場でプラス
“家らしさ”を現場でプラス

あえて1階に生活空間を集約することで、マンションのようにフラットな空間と、気兼ねなく暮らせる戸建ての良さの両面を手に入れることができました。
そして何より、人が集まれる空間へと生まれ変わったことを、H様は大変喜んでいたそうです。

建て替えとリフォームで迷っているのであれば、まずはモノリス秀建までお問い合わせを。
お客様に合った最善の提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせ下さい
0120-24-2494 03-3810-0021
メールでのお問い合わせ
【営業時間】 8:30~17:30 【定休日】 祝日・第2、4土曜日・日曜日